公開日:|最終更新日時:

東京で輸入住宅を建てる前に

東京で輸入住宅を建てたい方向けに知っておきたい知識や情報をまとめました。購入時に必要な土地の相場や規制や制限の知識・補助金などの情報を紹介しています。

家を建てる前には、建てる土地を探す必要があります。これから東京で輸入住宅を建てたい方は土地相場をチェックして適正価格で購入できるように準備しましょう。東京のどの地域に住みたいか・輸入住宅を建てたいかで相場も大きく変わってきます。
輸入住宅を建てる予算や理想の家・暮らしのイメージを決めて土地探しをすることで、より希望に合った土地に巡り合いやすくなります。

東京で輸入住宅や注文住宅を建てると、補助金をもらえる場合があります。ZEH補助金をはじめとした補助金制度をわかりやすくまとめました。
せっかく家を建てるので補助金で負担を減らして、理想の住まいを建てましょう。

住みやすさ

東京で輸入住宅に住んだ場合の住みやすさについて紹介しています。輸入住宅の性能・耐用年数やメンテナンス・気候の違う日本での住み心地はどうなのかをまとめました。
輸入住宅を建てる際に大切なのは会社選びです。誤ってノウハウのない会社を選ばないように「失敗しないポイント」も合わせて紹介しています。

住宅展示場

東京にある住宅展示場を紹介しています。住宅展示場を見ることでハウスメーカーの住宅を実際に見て触れることができ、ハウスメーカーが力を入れている分野も確認しやすいです。しかし、設備や材料に関しても住宅展示場では取り扱いの中でもかなり質の高いものを採用していることが多いため、予算の金額に注意しておきましょう。

住宅展示場の見学では、展示場の担当者に質問ができることが多いです。そのため、事前に家族の希望や今の家で不便な部分・予算・疑問点などをまとめておき、当日に質問してみることが大切です。展示場に言った後に時間が経ってから質問を思いつくこともあるので、1ヶ所だけでなく複数の展示場で見学してみることが大切です。

規制や制限

住宅を建てる際には建築基準法をはじめとした法律による規制や制限を守る必要があります。購入する土地により建物の高さや面積に関する規制や制限が変わってくることがあるので事前にチェックしておくことが大切です。地域によって独自の規制や制限があったり、住宅用の土地が建てられない場合もあったりするので前もって情報を確認して、知識を得ることが大切です。

都市再開発

都市再開発は、土地の「不動産価値」の変動や地域住民の増減と関係が強いとされています。東京にも今後都市再開発が予定されている地域があります。都市再開発によって雰囲気や不動産価値・人口の変動が予想されるため、建てる前にチェックしておくことが大切です。

ZEH対応の注文住宅

ZEH対応の注文住宅は、高断熱・省エネなどに関する設備を導入しているので空調設備を使わなくても快適に過ごしやすく光熱費を抑えることにつながり、補助金を受け取ることも可能です。東京で注文住宅を建てたい方からも関心を集めており、対応しているメーカーや工務店も増えてきています。

Area selection
当サイトで紹介している、本社を東京に構える住宅メーカーで、
輸入住宅事業の歴史が長い3社を紹介

(2020年3月時点の調査内容です。)

スウェーデンハウス

スウェーデンハウス

引用元:スウェーデンハウス公式HP(https://www.swedenhouse.co.jp/voice/corner/exterior/)

設計方法


セミオーダー

設立

1984年

本物素材

北欧産ほか

都内モデルハウス

あり

天草ハウジング

天草ハウジング

引用元:天草ハウジング公式HP(https://www.amakusa.co.jp/seko/s_blaregn/s-karuizawa-2.html)

設計方法


完全自由設計

設立

1977年

本物素材

北米・カナダ

都内モデルハウス

あり

メープルホームズ

メープルホームズ

引用元:メープルホームズ公式HP(http://www.maplehomes.co.jp/case/timber/)

設計方法


完全自由設計

設立

1986年

本物素材

北米

都内モデルハウス

-

※各社の設計方法について、このサイト内では下記定義づけしています。
・完全自由設計とは、既存プランや既存パーツを組み合わせるのではなく、施工主の要望に合わせて間取りや素材を要望通りに設計・施工してくれる住宅。
・セミオーダーとは、ある程度決められたパターンの中から、好きなものを組み合わせて設計・施工をしてくれる住宅。
・自由設計とは、設備の仕様は建築会社指定になりますが、間取りを希望通りに決めることができる住宅。